TOP > 生涯学習公開セミナーのお知らせ
Small Medium Large
生涯学習公開セミナーのお知らせ

平成29年度公益社団法人日本補綴歯科学会
生涯学習公開セミナー開催予定

平成29年度生涯学習公開セミナーの内容を掲載しております.生涯学習公開セミナー出席者には日本補綴歯科学会専門医申請・更新のための研修単位が2単位与えられます.(日程や場所が変更することがございます.ご確認ください.)

平成28年度開催分はこちら
平成27年度開催分はこちら
平成26年度開催分はこちら
平成25年度開催分はこちら
平成24年度開催分はこちら
平成23年度開催分はこちら
平成22年度開催分はこちら
平成21年度開催分はこちら


●東北・北海道支部  生涯学習公開セミナー
日時: 平成29年10月29日(日)15:20~16:20
会場: 東北大学星陵キャンパス 星稜オーディトリアム
テーマ: 『補綴主導型インプラント治療update』
講演タイトル: 『補綴主導型インプラント治療概念の変遷と今後』
座長: 佐々木 啓一 先生(東北大学)
講師: 関根 秀志 先生(奥羽大学)

ページトップへ

●関越支部  生涯学習公開セミナー
日時: 平成29年11月12日(日)15:00~17:00
会場: 新潟県歯科医師会館 講堂
演題: 咬合が及ぼす影響
  講演1.演題『不定愁訴からオーラルフレイル』
講師: 藤澤 政紀 先生(明海大学)
座長: 水橋 史 先生(日本歯科大学新潟生命歯学部)
  講演2.演題『顎口腔機能から全身』
講師: 池上 龍朗 先生(福岡県北九州市)
座長: 佐藤 利英 先生(日本歯科大学新潟生命歯学部)

ページトップへ

●東関東支部  生涯学習公開セミナー
日時: 平成30年2月25日(日)14:10~16:10(予定)
会場: 浦和ロイヤルパインズホテル(4F:ロイヤルプリンセス)
〒330-0062 埼玉県さいたま市 浦和区仲町2丁目5−1
テーマ: 『在宅医療における口腔機能管理のあり方』
1)咀嚼機能をどう管理するか(仮題)
2)嚥下機能をどう管理するか(仮題)
講師: 1)飯沼 利光 先生(日本大学歯学部歯科補綴学第Ⅰ講座)
2)大岡 貴史 先生(明海大学歯学部機能保存回復学講座摂食嚥下 リハビリテーション学分野)
座長: 大川 周治 先生(明海大学歯学部機能保存回復学講座歯科補綴学分野)

ページトップへ

●東京支部  生涯学習公開セミナー
日時: 平成29年12月2日(土)16:40~18:10
会場: 東京歯科大学水道橋校舎 本館13F
テーマ: 『ワンランク上の接着 われない,はずれないCAD/CAMレジン冠,オールセラミック冠』
座長: 佐藤 亨 先生(東京歯科大学クラウンブリッジ補綴学講座・教授)
講師: 冨士谷 盛興 先生(愛知学院大学歯学部特殊診療科・教授)

ページトップへ

●西関東支部  生涯学習公開セミナー
日時: 平成29年1月14日(日) 15:15~16:55
会場: 神奈川歯科大学付属新病院 12階 講堂
テーマ: 『義歯内面には、柔らかい材料が良いのか?―軟質リライン材の正しい使い方―』
講師: 1)村田 比呂司 先生(長崎大学)
2)木本 統 先生(日本大学松戸歯学部)
座長: 大久保 力廣 先生(鶴見大学)

ページトップへ

●東海支部  生涯学習公開セミナー
日時: 平成29年10月29日(日)14:00~15:35
会場: 愛知学院大学楠元学舎
テーマ: 『顎間関係の設定の基本:診察・検査から診断まで』
講師: 山本 司将 先生(東海支部) 山下 秀一郎 先生(東京歯科大学)
座長: 中本 哲自 先生(松本歯科大学)

ページトップへ

●関西支部  生涯学習公開セミナー
日時: 平成30年1月21日(日)13:30~15:30
会場: 京都府歯科医師会館
テーマ: 『ブラキシズム —今分かっていることとその対応法—』
講師: 加藤 隆史 先生(大阪大学) 藤澤 政紀 先生(明海大学)
山口 泰彦 先生(北海道大学)

ページトップへ

●中国・四国支部  生涯学習公開セミナー
日時: 平成29年8月27日(日) 11:00~12:20
会場: 山口県歯科医師会館
テーマ: 『包括歯科診療における補綴処置の位置付け(仮題)』
講師: 小川 廣明 先生(山口県)
石田 秀幸 先生(広島県)
座長: 河野 文昭 先生(徳島大)

ページトップへ

●九州支部  生涯学習公開セミナー
日時: 平成29年8月27日(日)14:30~16:00
会場: 鹿児島大学 稲盛会館
テーマ: 『歯科の装置を再考する』
講師: 「嚥下補助装置について-歯科医師にしかできない摂食嚥下障害へのアプローチ-」
大野友久 先生(国立長寿医療研究センター)
「開窓術後に適用する栓塞子-設計,製作方法ならびに治療成績についてー」
村上 格 先生(鹿児島大学病院)
座長: 鱒見進一 先生(九州歯科大学)

ページトップへ